フィルム・フェスティヴァル 2013

DSCN9331.jpg午後9時頃、まだ、こんなに明るい

ウィーンの夏の行事として
18年前から催されている
フィルム・フェスティヴァルでは

市庁舎前の広場が
特設会場になり
そこに大きなスクリーンが
設置される

(今年は、6月29日から9月1日まで毎晩)
DSCN9332.jpg

屋外なので
十分暗くなってから
開演だ

本日は9時半から

これが8月後半になると
8時半になる

DSCN9333.jpg

演し物は、いろいろある

昔は、専ら
オペラだった

そのうちコンサートも
入るようになり

近頃は、クラッシックだけ
ではなくなった

DSCN9336.jpg

本日は、まず、プロコフィエフの
「ピーターと狼」の
アニメーションフィルム

DSCN9337.jpg

音楽だけで無声なのだが
これが、娘も私もとても気に入って
DVDがあったら、欲しい!

DSCN9339.jpg

「ピーターと狼」が終わって
帰る人も結構いた

このフェスティヴァルは、
入場料もなく自由席で
来たいときに来て
帰りたい時に帰れる

DSCN9343.jpg

次に始まったのは
ポール・マッカトニーとそのバンドの
ライヴ録画

DSCN9342.jpg

これは、これで良かったのだけど
娘は、今日ヴェネツィアから夜中の二時過ぎに
戻ったばかりだったし

一緒に行った友人も疲れていて「眠い」
と言うので

途中で帰宅した

プログラムを選んで
また、行きたい

ポチッと応援クリック
どうぞよろしく!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





スポンサーサイト