Kenwan娘、無事帰宅

DSCN9060.jpgヴィーン•ミッテ駅 空港行き電車(S7)をホームで待つ

娘とお友達が、午後4時20分にシュベヒャート(ウィーン国際空港)に
着くということで

二人と一匹で
お出迎えにいった。

DSCN9061.jpgS7が入ってきた

ウィーン市内からシュベヒャートは、
地下鉄と国鉄を乗り継いで
我が家の最寄り駅から36分。

ヴィーン•ミッテ駅から乗るS7という
電車が30分に一本くらいの運行なので
事前に発車時刻を確かめておくとよい。

DSCN9062.jpgオーストリア国鉄、電車内部

この電車だと、ヴィーン•ミッテ駅からシュベヒャート空港まで2ユーロ20

ヴィーン•ミッテ駅からCATに乗るとシュベヒャート空港までノンストップ片道11ユーロ(往復17ユーロ)

また、旧市街、西駅、マイドリング駅、ドナウツェントルムからバスもある(8ユーロ)。

因みに、ウィーンから飛ぶ場合、オーストリア航空だとCATを利用するとヴィーン•ミッテ駅でチェック•インができ、

尚且つスーツケースもそこで預かってもらえるのでとても楽だ。

DSCN9070.jpg中央墓地の横を通りぬけ、空港が近くなるに従って、地平線が見えるような広〜い草地が続く

イースター休暇も今日でおしまいだし、今日はウィーンマラソンがあって
その招待選手のような方々もたくさん見かけたし
ちょうど午後4時台って、飛行機ラッシュであちこちから
飛んできていたので、空港はとても混雑していた。

二人は、着陸してから小一時間経って、やっとお出迎えロビーに姿を現した。

エニーは、ここへ来ると、誰かが帰ってくるのが分かっているようで
電車を降りた時からシッポを振ってルンルン。

娘の顔を舐めて喜んでいた。

さて、帰ろうとして

切符売り場を見ると何台もある自動販売機は長蛇の列。

挙句に一台は、買おうとして選択ボタンを押していくと

最後の支払いのところで、小銭もお札もカードも使えません、と出た(笑)

それならそうと、最初からそう言ってくれると助かるんですけれど?

また、他の列に並びなおして切符を手に入れてホームへ。

ウィーンにしては、大満員な人だらけ、でも、誰も並ばない

それでも、何となくみんな乗れる。

娘は、要領よく奥の方へ腰掛けてしまい

友人は、扉の方へ押されていき

Kenwanと私(&抱っこされたエニー)は、また別の所に立っていた。

まあ、ヴィーン•ミッテで降りる人は沢山いるでしょうから

大丈夫、ちゃんと降りられるわね。

と思っていたら、何と最寄の扉が壊れていて開かない

仕方がないので、隣のドアへ向かって、そこから私たちは降りた。

で、友人とそのもっと奥にいた娘を待っていると

何と、途中で降りる人たちの列が途切れたらしく

その間に乗る人が乗ってしまい、電車は、発車してしまった!

あ〜らら〜〜、娘が笑って車内で手を振っている。

次の停車駅は、遊園地で有名なプラターシュテルン。

勝手知ったる土地ではぐれても、心配な年頃じゃないし
今時は便利な携帯電話があるし、で

友人の手荷物を持っていたので
中間地点の地下鉄駅で再度落ち合って

車内で皆んな怒っていたわよ〜 (それはそうだ)

日本だったらクレームが殺到しそうだわ

でも、きっと、あのドアは、あのままずっと開かずのままで
日を越しちゃうだろうなぁ。

成田空港で一緒に色々買ったお土産の手荷物を
地下鉄ホームで選り分けて

それじゃ、これで(ハグハグ)、
と18日間寝食を共にした友人に別れを告げて

反対側の地下鉄に乗った。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



スポンサーサイト