塩入れ

DSCN9115.jpgベンヴェヌート・チェッリーニ(1500−1572年フィレンツェ)作 黄金の塩入れ「サリエラ」高さ23cm,幅33,5cm


この前、美術館の年間フリーパス
購入したが

あれから、いい気になって
すでに3回も美術史美術館へ
遊びに行っている

で、どちらかと言うと普段は
絵画の方をよく観るのだけど

工芸コレクション
たまには観ようと思い
行って来た
DSCN9119.jpg

ウィーン美術史美術館工芸コレクションの
目玉というとベンヴェヌート・チェッリーニ
塩入れ「サリエラ」

DSCN9116.jpg

私達がウィーンに来てから
この「塩入れ」盗難に遭っている(2003年)

で、犯人の携帯電話から足が付いて
その後(2006年)に戻って来たのだ

全体的にキンキラキンの
豪勢な塩入れである

DSCN9117.jpg

チェッリーニが、刑務所から出て来て
パリへ行き、時のフランス国王フランソウワ1世のために
作った塩入れだそうで

王様の塩入れともなると
流石にゴージャス!

DSCN9121.jpg

女性が大地
男性が海
を表しているようだけど

DSCN9122.jpg

どうも、この人
男の方をカッコよく
作ってないかい?

と思ってたら、やっぱり
男の子が好きだったらしい

まあ、そういうことは
横において

見れば見るほど
ため息が出てしまう

DSCN9120.jpg

作品が美しいことには
変わりない

ベンヴェヌート・チェッリーニというと
その破天荒な人生を綴った
自伝も有名だ



今日もポチっと
応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト