ウィーンで日本文化の紹介

DSCN9478.jpg美術史美術館脇のマロニエ並木

友人に誘われて

毎年恒例のホーフブルグで催される「日本の祭り」へ

行ってきた。


主催者のB•N先生は、以前から存じ上げている方で

長年日本の文化をウィーンやバーデンで

紹介し続けてきた方だ。

(実は、Kenwan娘が3才からギムナジウムに入るまでN先生の「子ども会」へ

毎週通って大変お世話になったのだ)

DSCN9481.jpg

プログラムは、日本人学校の生徒さん達による合唱や

「日本語を話す子供の会」の小さい方達の歌や踊り

着物のファッションショー

オペラ座のバレエダンサー橋本清香さんと木本全優さんの

「白鳥の湖」の一場面

で、友人(元プリマバレリーナ)が、

そのバレエの中のマイム(振り)が、

どういう意味なのかを説明してくれたり


へぇ〜、二人(オデットと王子)はそんなお話をしていたのね〜

と、とても興味深かったけれど

N子さん一生懸命

「みんなも立って、王子様やオデット姫になって一緒に真似してみて!」

って誘ったけれど、で、誰もしなかったけれど、あれは、やっぱり、いきなり

真似できないと思うわ。ムリよ〜〜

DSCN9488.jpg

他に居合道の型の実演や

お茶のお点前もあり

折り紙やおにぎりもあって

盛り沢山で楽しい催し物だった。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
スポンサーサイト