マルガリータ王女 お見合い肖像画 

DSCN8832.jpgヴェラスケス画 カンバス 128.5x100cm

この「薔薇色のドレスのインファンティン・マルガリータ・テレサ
に始まる3点のマルガリータの肖像画は
つとに有名なウィーン美術史美術館の
ヴェラスケス・コレクションだ

昨日の王子様
同じ年頃だけど

これは一種のお見合い写真の役目の
肖像画だったからか

(いずれ嫁ぐウィーンの宮廷へマルガリータ王女の
成長を追って肖像画は送られた)

エプロンなど掛けずに
美々しく着飾っている

DSCN8830.jpg


こちらは、5才頃のマルガリータ王女

プラド美術館には「ラス・メニーナス(女官たち)」という
ヴェラスケスの最大の絵があるが
そこにも、この肖像画と同じドレスを着たマルガリータ王女が描かれている

DSCN8827.jpgヴェラスケス画 カンバス 127x107cm

ブルーのドレスのインファンティン・マルガリータ・テレサ

マルガリータ王女8才のときの肖像画だ

マルガリータ王女には、ヴェラスケスは
特別に愛着を持っていたのではないか、と
言われているそうだが(Kenwanがどこかで読んだそうな)

何と言っても圧倒的に美しい

昨日の王子様の肖像と同じく
ヴェラスケスの最晩年、最後の作品である

マルガリータ王女は、この後15才で
ウィーンの宮廷へ
神聖ローマ皇帝レオポルド1世へ嫁ぐ

6年の結婚生活で6人の子供を
儲けるが、一人を除き、皆早世

最後の子供を産んですぐ
皇后マルガリータも死去

22才であった。


ポチッと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




スポンサーサイト