ミノリーテン教会 内部

DSCN1161.jpg高い柱が何本も並び、いかにもゴシックだ。この教会は、ゴシックとバロックが混ざっているらしい

今日は、ミノリーテン教会の中を

ご覧ください。


DSCN1163_2015073005572942a.jpg

以前にも書いたのだけど、

昔、二人でウィーンの森をよく歩いていた頃

ブナが群生している場所があり、

非常に背の高い樹々が、何本も何本もまっすぐに

空へ向かって伸びている様を見て

Kenwanが、(これは元々ロダンの言葉だけど)

これがゴシック建築、シュテファンの内部はまさにだよね

と、言ったのを思い出す。

DSCN1192.jpg

祭壇

DSCN1166_20150730055730c63.jpg

「最後の晩餐」のレプリカ(モザイク画)があった。

DSCN1183.jpg

説教壇への階段

DSCN1189.jpg

アッシジの聖フランチェスコ

こちらは、フレスコ画

ミノリーテン教会は、聖フランチェスコ会だ。

DSCN1181_20150730055801df5.jpg

奥に聖アントニウスの名前をいただいた

小さなお御堂がある。

DSCN1175.jpg

光が射し込んで、明るく静かな空間だ。

DSCN1176.jpg

こういうところで、一人静かに座って

過ごす時間をたまには持ちたい。

DSCN1185.jpg

ステンドグラス

DSCN1187_20150730055806b8d.jpg

表の側廊へ


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

スポンサーサイト