音楽付き講話会「山田耕筰と私Ⅱ」


DSCN2137.jpg会場は、ウィーン13区ヒーツィングの庁舎のホール

先週の金曜日の晩に

山田耕筰と私Ⅱ」という催し物があり

そちらへお邪魔した。

DSCN2142_20150915060713d5b.jpgメゾソプラノの日野妙果さん

日本を代表する作曲家である山田耕筰

長年秘書を務められた三辻美耶子さんとおっしゃる方が、

山田耕筰について色々お話しくださって

その合間に歌や演奏が入るという趣向だった。

DSCN2144.jpg左端テノール藤原治道さん

私自身、山田耕筰の歌はとても好きで

今度、ホームコンサートをする時のプログラムにも

入れてあるので、


ご両親を早くに亡くされて、牧師のお兄様の指示で

キリスト教系の寄宿舎に入った生い立ちや

後年の贅沢な暮しぶりなど

大変興味深かった。

DSCN2146.jpg左から三辻ランデアル宏美さん、横尾英志さん、ヴォルフガング・ランデアルさん、ハラルド・ヘルツィッヒさん、三辻美耶子さん、フランツ・バイヤーさん、レギーネ・コッホさん

演奏者は、

メゾソプラノ 日野妙果
テノール   藤原治道
テノール   横尾英志

ピアノ    三辻ランデアル宏美
(この方次の日に陽子さんのコンサートでチェンバロを務めていた)

アンサブル・パストラーレ
 ヴァイオリン ヴォルフガング・ランデアル
 ヴァイオリン レギーネ・コッホ
 ヴィオラ   フランツ・バイヤー
 チェロ    ハロルド・ヘルツィッヒ

司会と通訳   エベリン・ラクナー


プログラムは、

からたちの花、待ちぼうけ、ペチカ、あわて床屋、みぞれに寄する愛の歌、
かやの木山、中国地方の子守唄、つばくろの歌、

ラスカの日本俳句及び短歌十首より3曲

ピアノ五重奏「婚姻の響き」

春のよひ、鐘が鳴ります、松島音頭、この道、赤とんぼ



私の個人的な好みでは、
会の趣向としては、普通のコンサートとは違うので、
制約があって致し方なかったのだろうけれど
「この道」とか「待ちぼうけ」「あわて床屋」など
有節歌曲(同じメロディーで1番2番3番と繰り返す歌曲)は、
1番と4番だけ歌うという風でなく全て歌って欲しかったなぁ。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

スポンサーサイト