近付く選挙


DSCN2366.jpg本文と関係なく ウィーンの家並み


ウィーンの選挙(市議会、州議会、行政区評議会)が

今度の日曜日(10月11日)に迫っている。

9月27日には、上オーストリア州の選挙があって

元々保守的な土地柄で、オーストリア国民党(党の旗色は黒)が強いところなのだが

第1党は、辛くも保持したものの

極右の自由党(旗色は青)が、15%も票を伸ばし、30%を占めることになった。

あさこさんの記事が見やすく分かりやすい)

娘が、結果を見て「何これーー!」

新聞には、黒と赤(社会党)の歴史的敗北と出た。

(皆さん、ご想像に難くないシリア難民の影響だ。異分子である外国人が入ってくると
必ず反発が起きて、保守や極右へ振り子が振られる)

さて、昨日、10月になってやっと大学の講義も始まり

今期も朝は、8時までに行かなくてはならない娘が、

あたふたと最寄りの地下鉄駅まで急いでいるところ

赤と黒の人たちが、チラシを配っていたそうで

赤は、にこやかに娘にもチラシを手渡したのに対し

黒は、娘が2、3mのところに近付くとクルっと向きを変え

無視したそうで、、、、

これは是非、赤に勝ってもらわなければ

と、ん? あ〜たは緑じゃなかったっけ?(参政権はないですけど)

とにかく黒や、ましてや青は、外国人には辛いので

少なくてもウィーンでは、青があんまり伸びてくれるな、と

願っている。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



スポンサーサイト