風邪の季節に その2


DSCN3133.jpgウィーンでは利用者も多いのか簡単に手に入る赤外線ランプ 100W


まだ、ウィーンへ来たばかりの頃、しつこい風邪を患って往生したことがあった。

いつまでたっても微熱が取れず、朝方は、まだいいのだけど、夕方になると熱が上がる。
そのうち、妙に鼻水が出て、、それもひっきりなしになってきた。
しかも、そんな経験は未だかつてなかったのだが、顔面が痛い

当時、よく分からない外国でよく知らないお医者さんに掛かるのも嫌で
何とかそのまま治そうとしていて

鼻水対策として、塩を入れたぬるま湯を、鼻に吸引して鼻の中を洗ってみた
(友人から風邪を引くといつもこうする、と聞いたのだ)

そうしたら、それで鼻水がピタリと止んだのだ。

だけど、これ、あまり真似しないでいただきたい。

後から、それは、多分、急性副鼻腔炎というもので
放っておいたらいけない病だ、とまた他の友人から言われたのだ。

その時「そういう時にはこれがいいよ」と教えられて
購入したのが、赤外線ランプ

この急性ふくびくーえんとやら、一度かかるとクセになるのか
私は、この後、時々、風邪を引くと鼻の横とかとか痛くなることがあり
そんな折には、即座にこの赤外線ランプを顔にあてる(アイマスク要装着、1日12分)

やっぱり鼻洗浄もするのが常だけど

それで、お医者さんいらずで治る。

長引いたら、勿論病院へ行っていただきたいが
赤外線ランプ鼻洗浄
試してみる価値はあると思う。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

スポンサーサイト