ギリシャ彫刻(レリーフ)


WP_20151119_003.jpgアマゾンの石棺(部分) ギリシャ時代 紀元前4世紀後半 大理石 長さ264cm ウィーン美術史美術館蔵


上の写真で大理石に彫られているのは、

ギリシャ兵アマゾネスの戦いだ。

写真中央の馬に乗っている女性戦士がアマゾネス

馬には、動物の皮が被されている。

馬の尻尾の下方に、動物の足らしいのがぶら下がっているが見える。

この時代、鐙はまだ登場していない。

アマゾネスは、戦士でストイックな女性なので

弓を射るのにオッパイは邪魔だから切り取っていた、と

いう説もあったらしいが、ご覧のように

そういうことはないです。

また、よく見ると、

レギンのようなピッタリしたズボン状のものを着用していたのがわかる。

で、女性は着衣なのに

ギリシャ兵士は、なぜ裸なのか?

戦うときには、丸裸で戦っていた、ということではなくて(ホっ

男性の肉体は、裸で描かれることが多かった、

また、反対に、女性は裸では描かれなかった、と

そういう時代の嗜好が反映している。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



スポンサーサイト