見る人が見れば


WP_20151119_021.jpg激しくボケていて、ごめんなさい!マグダレンスベルクの若者 ローマ時代のオリジナルによる16世紀の複製 ブロンズ 高さ183.5cm ウィーン美術史美術館蔵


先先代のウィーン美術史美術館館長は、

ブロンズの専門で

このブロンズ像を見ると

「おかしい」「やっぱりおかしい」

と常々言われていたそうだ

で、とうとう1983年このブロンズ像の研究プロジェクト

が開始され、その結果、これが、ローマ時代のオリジナルではなく

16世紀の複製であることがわかった

すごい勘、というか、これぞ目利きの目!

その時の調査で、この像の内部には、巻物状のものが発見され

それによると(それは16世紀に複製された当時書かれた巻物)

人身御供のようなものに使われていたのではないか、ということだ。

因みに、オリジナルは、1502年畑を耕していた農民によって発見され

その後紆余曲折があって、スペインへ渡っているらしい。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

スポンサーサイト