ウィーンの辻音楽師

DSCN0380.jpg

写真は、2年前の5月
フォルクス庭園の薔薇が満開だった頃

確かこのピンクの薔薇は
皇后エリザベートの名前が
冠されていたはずだ。

薔薇の向こうの座像は
フランツ・グリルパルツァー

グリルパルツァーと言っても
日本ではあまり知られていないと思うが

19世紀オーストリアを代表する
劇作家である。

先日、友人に勧められて
彼が、生涯でたった二編だけ
書いた短編を読んだ。

ウィーンの辻音楽師」と
ゼンドミールの修道院」で




私は、特に「ウィーンの辻音楽師」に
惹かれた。

こよなく音楽を愛する純粋で善良な男の話で
不思議と余韻を残す。

ポチッと応援クリック
どうぞよろしくお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト