最新作のご紹介 「ヴェネツィアの薔薇」


F4号「ヴェネツィアの薔薇」F4号 題名「ヴェネツィアの薔薇」


一昨年の春にKenwanは、個展があって

帰国している。

その時の個展に「ヴェネツィアの薔薇」(今回の写真の絵と同じ構図の絵)が出品されていて

有難いことに早々に買い手がついて

その作品のプレートには、売約済みの印である赤いピンが止められた。

会期中のある日、気がつくとその売約済みの「ヴェネツィアの薔薇」を

熱心に眺めている女性がいたそうだ。

ちょうどKenwanは、お昼にいこうとしていて

会場を横切り、そこを回ってエスカレーターに乗り、、、

それでも、まだ、その女性は、絵の前に立ちながら喰い入るように眺めている。

ああ、とても気に入ってくれているのだろうな。

売約済みでなかったら、、、と思っているのかもしれない。

と、そんな風にKenwanは考えたそうだ。


それで、僕は、そういう風に思ってくれる人がいるから、こうやって

同じ構図の絵を何回も描くんだよ


と、私に話してくれるのだけど、

もしかしたら、勝手な思い込みだったりするのではなかろうか。。


人が、絵を前にして、心に通ってくるものを感じるのは

それは構図の所為ではないよね?


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト