ラインの黄金


DSCN3783.jpg開演前、ウィーン国立歌劇場ガレリーから


待ちに待ったワーグナーの「ラインの黄金

行ってきました!

上演時間は、2時間半とワーグナーにしては短めで

舞台も暗くなかったので、とても楽しめた。

巨人とか出てくるし、、、

末広がりの軽〜い台に乗っているのではないか、と思うけれど

この2人の巨人は、動くのも歌うのも大変だわよねー

DSCN3804.jpgカーテンコールで


ハグリット並みの大きさなのだけど

巨人さん達、できたら頭部もやっぱりハグリットみたいに大きくして欲しかったわ


DSCN3814.jpgオペラ座横のエスカレーター 地下鉄への地下道へ繋がっている


配役は以下の通り


指揮       Adam Fischer

演出       Sven-Eric Bechtolf
舞台       Rolf Glittenberg
衣装       Marianne Glittenberg

ヴォータン    Tomasz Konieczny
ドンナー      Boaz Daniel
フロー      Jason Bridges
ローゲ      Norbert Ernst
フリッカ     Michaela Schuster
フライア     Caroline Wenborne
エルダ      Anna Larsson
アルベリッヒ   Jochen Schmeckenbecher
ミーメ      Herwig Pecoraro
ファゾルト    Ain Agner
ファフナー    Solin Coliban
ヴォークリンデ  Andrea Carroll
ヴェルグンデ   Rachel Frenkel
フロスヒルデ   Zoryana Kushpler

ウィーン国立歌劇場オーケストラ



DSCN3816.jpg


オペラが終わって、、、

左の建物は、ホテル・ブリストル

濃い霧が出ている晩で、雨が降っているように見える。


DSCN3821.jpg


左手は、オペラ座

煌びやかなのは、ケルントナー通りの電飾


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト