秋の散歩の続き

DSCN3800.jpg
このブログの愛読者の方ならお馴染みかもしれないこの景色「イェーガーヴィーゼ」

今日は訳あってマダムはお休みで、私kenwanが代わって書きます。

森への散歩は、マダムの方がよく行く。
出不精の私は、それでも三回に一回ぐらいは一緒に行くようにしている。
この散歩も行く前はちょっと億劫だったけど、森の中に入っていくと本当に気持ち良かった。
「本当に来て良かったよ〜」と二度ぐらいマダムに言ったほどだ。

雨降り日曜日


DSCN3780.jpgウィーンの森の中、木にコースの印がついている


今朝は、アウグスティナー教会のミサへ行き
合唱でシューベルトのミサ曲(D324)を歌って来た。

昔の話


DSCN3790.jpgこのブナの林なんか、ほんとゴチック建築の天に向かってそびえ立つ支柱のごとく、だ


あれはね、僕が教えてあげた言葉でしょう、
とKenwanが、四半世紀以上も前の話を持ち出した。

秋の散歩


DSCN3738.jpg


いつものコースで
コーベンツルへバス(38A)で
登ってきたところだ。

バターリャ修道院


DSCN3373_20170915034816d90.jpg


バターリャ修道院は、アルコバッサ同様、ユネスコの
世界遺産に登録されている。